返済額について

銀行のカードローンや消費者金融のキャッシング、
そこでお金を借りたらそれで終わりというわけではありません。
借りたお金はちゃんと返済をしなければなりません。

キャッシングとローンの境界線はあいまい

キャッシングというのはその原則として、
翌月一括で返済をするということがいわれております。

一方、ローンというのは分割で支払うことを原則としております。
ただしこれはあくまでも原則論。
キャッシングでも多くのお金を借りることができるようになっており、
とても一括で支払えるような金額ではありません。
最近では、カードローンとキャッシングの境界線もあいまいとなっております。

返済について、月々の返済額は完済までを計算して決める

キャッシングやカードローンの返済、これはリボ払いというのが主流となっております。
このリボ払いというのは何かというと、どんなにお金を借りていても、
毎月の返済額が一定という商品です。

クレジットカードのショッピングの返済などに、最近ではよく使われております。
しかし、ことこれがキャッシングとなると少し事情が異なります。
クレジットカードのショッピングの場合、せいぜい数十万円といったところです。
キャッシングの場合、数百万円という残高になる場合も。

数百万円を毎月少しの返済額で一定に支払っていたのでは、
なかなか返済が終わりません。
そこでキャッシングの場合、残高に応じて毎月の返済額が変わるという、
変則的なリボ払いを採用しております。
残高が多い場合には返済額も多く、少なくなると返済額も少なくなるというものです。