法定利息とは

カードローンなどのキャッシングでは金融会社と利用者の間で
貸し出しに関する取り決めや利息についての契約を結びます。
この時に付くのが約定利息です。

これに対して利息に関する取り決めがない場合、
あるいは設定をしなかった場合に掛かってくるのが法定利息です。
個人の個人の金銭の貸借では民法で、個人と企業あるいは
企業間同士では商法で規定されています。

取り決めしなかった場合

この時の法定利率として民法では5%、商法では6%が掛かり、
この利息分は法定利息となります。
個人同士の金銭の貸借は基本的には利息が掛からないと言えるのですが、
返済期限を付して貸借を行った場合は先の法定利率に基づいて
年5%の法定利息が掛かってきます。
便利ソフトマッハで法定利息計算など計算するときに便利です。

キャッシングでは必ず金利と利息に関する規定や内容が盛り込まれて契約している

キャッシングの契約では必ず金利と利息に関する規定や内容が盛り込まれており、
契約者はこれを承諾して融資を受けることができます。
したがって、法定利息と契約で結んだ約定利息は別の問題と
捉えると良いでしょう。

金銭の貸借はすべて法律で規定されています。
利息制限法がその最たるものです。
金利の下限はないのですが、上限は定められているのです。
遅延損害金に関する利率も同様で、貸金業法と銀行法の違い、
消費者金融と銀行で差があるので、この点も注意が必要です。
キャッシングの利用では法定利息となることはないのですが、
個人や企業で金銭の貸借を行った場合は法定利息というお金が
掛かることも認識する必要があります。
特に契約書面にどのような規定や内容が書かれているか、
お金のやりとりでは注意してチェックしておきたいところです。